労働問題相談所 NPO法人 労働サポートセンター
   
CONTENTS
   
 
労働トラブルQ&A
労働問題の事例集。
労働基準法や判例なども紹介。
労働トラブル110番
労働相談の受付窓口。
労働サポートセンターについて
会員申し込み
利用規約
労働関連リンク


労働サポートセンター(RSC)とは

 ここ数年、雇用情勢の更なる悪化を受けて、裁判に持ち込まざるを得ないような悪質な事例も多数みられる中で、労働者がどこに自分の問題を相談してよいかわからない状況が起こっています。

 このような背景を踏まえて、私たちは労働相談という特定分野において豊富な専門知識と経験を持った弁護士や社会保険労務士をはじめ、労働相談に長年携わってきた者たちで結成されたプロフェッショナルな集団で多くの労働者を手助けする目的で設立されました。

 悪質な企業は、実名のドキュメンタリー動画の配信(RSCインターネット放送局)によって世間に告発し、問題の根本的な解決を図っていく、全く新しい労働相談窓口です。


<RSCの会員になるメリットは?>

 RSC会員は、入会金200円、年間1800円で次のようなメリットを受けることができます。

@労働相談やメンタル相談が続けて受けられます。
A悪質な企業には、相談者の求めに応じて「警告書」の送付や、場合によっては告発の動画を流せます。
B弁護士を紹介できます。
C労働法に関する情報をメーリングリストによって受けられます。
D労働問題に関するイベントなどに参加できます。

(名 称)
労働サポートセンター

(事務所)
〒190-0012
東京都立川市曙町1丁目10番2号 三多摩共同労働会館
電話番号:042(540)4771
FAX番号:042(540)4772

(目 的)
すべての労働者に対して働きやすい、安心して働ける労働環境の実現を目指し、労働法の普及推進に関する事業を行い、労働者の地位向上に寄与することを目的とする。

(会員種別)
会員は、次の3種とし、正会員をもって社員とします。
(1)正会員・・・目的に賛同して入会した個人及び団体
(2)賛助会員・・目的に賛同し、賛助するために入会した個人及び団体
(3)名誉会員・・・功労のあった者または学識経験者で理事会において名誉会員として推薦された個人及び団体

<規則・規約抜粋>

(入会について)
会員の入会について、特に条件の定めはありません。
・ 会員として入会しようとするものは、理事長が別に定める入会申込書により、理事長に申し込むものとします。
・ 理事長は、前項の申し込みがあったとき、正当な理由がない限り、入会を認めなければなりません。
・ 理事長は、第2項の者の入会を認めないときは、速やかに、理由を付した書面をもって本人にその旨を通知しなければなりません。

(入会金及び会費)
 会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければなりません。
1. 入会金は、正会員・賛助会員ともに200円とします。
2. 年会費(1年単位で納めて頂き、月割り日割りはいたしません)は、正会員1800円、賛助会員一口10000円とします。

(会員の資格の喪失)
会員が次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失します。
(1) 退会届の提出をしたとき。
(2) 本人が死亡し、若しくは失そう宣告を受け、又は正会員である団体が消滅したとき。
(3) 継続して6ヶ月以上会費を滞納したとき。
(4) 除名されたとき。

(退 会)
会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができます(ただし、会費その他の拠出金品は返還しません)。

(除 名)
会員が次の各号の一に該当する場合には、総会の議決により、これを除名することができます。
(1) 労働サポートセンターの規約・規則に違反したとき。
(2) 当サポートセンターの名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。
2 前項の規定により会員を除名しようとする場合は、議決の前に当該会員に弁明の機会を与えなければなりません。

(拠出金品の不返還)
既に納入した入会金、会費その他の拠出金品は、返還しない。


 

 

お問い合せ