労働問題相談所 NPO法人 労働サポートセンター
   
CONTENTS
   
 
労働トラブルQ&A
労働問題の事例集。
労働基準法や判例なども紹介。
労働トラブル110番
労働相談の受付窓口。
労働サポートセンターについて
会員申し込み
利用規約
労働関連リンク
Q 質問:最初の契約の時に「残業代を含む」賃金の契約をしました。ところが、当初会社から言われていた残業時間と違い、あまりにも残業が多く困っています。

A 答え:労働基準法を下回る協定、就業規則等が結ばれていたとしたら、法律を下回る部分は無効となります。
そもそも労基法では、1日8時間、1週40時間を超える労働について割増賃金の支払いを定めています。「残業代を含む」というような契約をする場合は、殿程度の残業代を含んでいるのか明記されなければなりませんし、当然相当する額でなくてはなりません。
あなたが「賃金に残業代が含まれる」という契約をしていても、相当する残業時間以上働いている場合はその部分の契約が無効、ということになりますから、会社に残業代の支払いを求めることができます。

 

 

 

 

 


 

 

お問い合せ