労働問題相談所 NPO法人 労働サポートセンター
   
CONTENTS
   
 
労働トラブルQ&A
労働問題の事例集。
労働基準法や判例なども紹介。
労働トラブル110番
労働相談の受付窓口。
労働サポートセンターについて
会員申し込み
利用規約
労働関連リンク
Q 質問:「営業」担当として8時間以上の労働をしています。労働時間の取り扱いについて教えてください。

A 答え: 多くの会社では、営業職には「営業手当て」とか「外勤手当て」などという手当てが支給されています。しかし、「手当て」を支給するから残業代を支払わなくても良い、ということにはなりません。労務管理がきちんとしている会社では、「みなし労働に関する協定」がむすばれ、営業で外回りをしている時間を、「○時間働いているものとみなす」として、残業相当の手当てが支給されています。

 しかし、ここで重要なポイントは、みなし労働は営業職などのように、外回りをするために、時間管理がなかなかむずかしい労働者に対して適用されるべきものです。みなし労働を適用するためには、その労働に要する平均的な時間の把握が不可欠です。適当に時間を設定され、到底会社の設定したみなし労働時間では労働が終わらない場合は、オーバーした分を請求する権利があります。

 もちろん、みなし労働に関する協定を結んでいない場合や取引先(営業先)に回る時間が指定されている場合、タコメーターなどで時間管理されている場合などは残業代は支払われます。

 

 

お問い合せ