労働問題相談所 NPO法人 労働サポートセンター
   
CONTENTS
   
 
労働トラブルQ&A
労働問題の事例集。
労働基準法や判例なども紹介。
労働トラブル110番
労働相談の受付窓口。
労働サポートセンターについて
会員申し込み
利用規約
労働関連リンク
Q 質問:観光ビザで来日し、現在不法滞在をしていますが、日本の労働基準法は適用されますか?また、不法滞在を通報されませんか?

A

答え:労働基準監督署では、外国人の不法滞在者であっても労働基準法を遵守させるために、税関等への通報は原則していません。労働条件等に問題がある場合は、お近くの労働基準監督署へご相談ください。(例)賃金差別=外国人であることを理由とした日本人との賃金差別は認められていません)




Q Question: Is the labor standard law of Japan applied to me, even if I am working in Japan by the illegal stay? Is my illegal stay notified by it?

A

Answer: In the Labor Standards Inspection Offices, even if it is a foreign illegal sojourner, in order to make Labor Standard Law observe, the principle of the report to a customhouse has not been carried out. When there is a problem in labor conditions etc., please consult to the nearby Labor Standards Inspection Offices. (Example) Wage discrimination = The wage discrimination with the Japanese for reasons of being a foreigner is not accepted.

 

 

お問い合せ